料金等の詳細・お申し込み

夫婦のカウンセリング

「何度話し合っても堂々巡りです。これ以上ケンカを子どもに見せたくありません。話しかけることをやめました」

問題が起こると解決を試みます。解決の試みが逆に問題を維持することがあります。その悪循環を家族療法・短期療法では「偽解決」といいます。

解決の試み(対処)が問題を維持させている
解決の試みが問題を維持させる「偽解決」

当カウンセリングルームのカウンセラーは、家族心理学・家族療法・短期療法を中心に研鑽を積んできました。悪循環を好循環に変えるサポートを提供します。

夫婦は自他の境界を引くのがむずかしい関係

夫婦の問題解決がむずかしい理由の一つは、自他の境界を引きにくいからです。「言わなくてもわかるはず」と考えて、言葉で伝えることがおろそかになりがちです。また、毎日顔を合わせるので、「波風を立てたくない」気持ちが優先することも多いです。

そうして、すれ違いや誤解が積み重なります。話し合いを試みると、積み重ねが感情的にさせて、コミュニケーションを困難にします。「話し合いを試みても堂々巡り」「ケンカしたくないので話しかけることもやめました」という状態に陥ります。

夫婦・カップルの危機が起きるとき

夫婦・カップルの危機が起きる原因について、代表的なものを3つあげてみます。コミュニケーションの悪化、家族ライフサイクルの移行期、家族の構造の3つです。

コミュニケーションの悪化

ここでは、単なる情報の伝達・理解を「カンバセーション」と表現します。情報+考え・気持ちの伝達・理解を「コミュニケーション」と表現します。血のつながりがない夫婦の絆になるのは、考え・気持ちの相互理解・尊重であるはずです。

異なる文化・価値観を持つ二人が、一緒に新しい家庭を創っていくのが結婚です。衝突があって当たり前でしょう。着地点を見出すのはコミュニケーションによってです。良い関係には良いコミュニケーションが、悪い関係には悪いコミュニケーションがあります。

「普段は仲がいいんです」「趣味や遊びを一緒にやるのは本当に楽しいんです」「だけど、シリアスな話になるとケンカになるんです」

コミュニケーションにお互いの気持ちや考えを伝えあったり、受け取ったりするのが阻害されて、着地点を見出すコミュニケーションには至らないのでしょう。

コミュニケーションについては、以下のページに詳しく紹介しています。

家族ライフサイクルの移行期

結婚はゴールではなく、新しい夫婦・家族の誕生です。家族には個人と同様に発達段階があり、それぞれの段階における課題をクリアしながら発達・成長していくとする理論が家族ライフサイクル論です。

結婚すると、彼氏・彼女から夫・妻に変わります。子どもが誕生すると、父・母の役割ができます。同じ親でも、幼児と学童では親の役割の質が異なります。このように、ライフステージが変わると、新しい役割が付加されたり、役割の質が変わったりします。

変化の時期は、お互いの価値観の違いなどが表面化しやすい時期です。変化への適応は、それ自体が負荷のかかる取り組みです。そこに価値観の違いが加わるのはストレスです。衝突や関係の悪化が起きやすい時期です。

家族ライフサイクルについては、以下のページに詳しく紹介しています。

家族の構造

境界

家族とは一つの国のようなものです。国に国境があるように、家族にも外部との境界があります。境界には、家のような物理的な境界と、「わが家のプライバシーに干渉しないで下さい」のようなときに顕在化するような目に見えない境界があります。

結婚とは、それぞれが育った国を出て、2人で新しい国を創るスタートと言えます。結婚によって、育った国の住民ではなくなりました。新しい国と育った国の間に境界を引く必要があります。

決定

この境界があいまいな場合、外部(親など)からの過剰な介入を招くことがあります。例えば、夫婦で決めるべきことが、夫(または妻)と親で決められて、妻(または夫)には事後報告されるようなケースです。

「親は俺たちの(私たちの)ためを思って言ってくれてるのに」の言葉が良い結果につながることはほとんどありません。多くの場合、「あなたの家族は誰なの?」と返ってくるか、言葉にしないで飲み込むかです。いつか、飲み込めなくなって溢れ出すかもしれません。

家庭の決定は夫婦で行うものです。決定の内容が正しくても、決定のプロセスが誤っていれば、夫婦や家庭の関係性において誤りです。

三角関係

夫婦の関係がうまくいかなくなると、一方が子どもや実家の親との結びつきを強めることがあります。【夫 vs 妻と子】のような1対2の関係を三角関係といいます。

【夫 vs 妻と子】の三角関係になったとき、夫が拠り所を家庭の外に求めることがあります。拠り所に選ばれるのは、仕事、趣味、お酒、ギャンブル、浮気などです。

パートナーの理解を得られない側が、子どもを拠り所にして密着することがあります。子どもが両親の仲を取り持つ役割を担うなど、親子の立場が逆転することがあります。子どもの心の発育に悪影響を及ぼすことがあります。

カウンセリングで乗り越える夫婦・カップルの危機

どのような相談で夫婦・カップルカウンセリングにお越しになるのか。代表的な相談内容を紹介します。

関係改善・修復

何が原因と問われると色々ある。嫁姑問題、家事・育児、コミュニケーション不全、などなど。話し合いを試みればケンカになる。いつしか話し合い自体をあきらめてしまい、交わされるのは事務的な会話のみ。砂を噛むような生活とはこのことかもしれません。

血のつながりがない夫婦を結びつけるのは情緒的な絆のはずです。その絆を築いたからこそ結婚に至ったはずです。構築が不十分な絆、ほどけかけた絆、壊れかけた絆。それらをどのようにして築くのかを、夫婦・カップルとカウンセラーが一緒に考えて、一緒に取り組みます。

不倫・浮気

不倫・浮気された側の傷つきは(本当の)トラウマと同じレベルです。健全な自尊心が損なわれます。「私には女性(男性)としての価値がないんだ」「私には人としての価値もないんだ」と感じられるほど傷つきます。「これまでの結婚生活に何の意味があったのだろうか」と空虚感に包まれます。

『された側』は『した側』を毎日のように責めます。『された側』にとって回復に必要なプロセスですが、ときには『した側』が、終わりの見えない責めを受け止めきれなくなります。疲れ果てて、「謝罪を受け入れてくれたのだから、一緒に前を向いていきたい」と懇願します。

その言葉は『された側』にとっては、「私の気持ちをわかってくれない」「わかってくれないのに前を向いてと言われても・・・」と傷つきます。『した側』を更に責めます。終わりが見えない堂々巡りに陥ります。

この悪循環から逃れる術を、夫婦・カップルとカウンセラーが一緒に考えて、一緒に取り組みます。詳しくは以下のページをご覧下さい。

離婚するかしないかの葛藤

コロナ離婚という言葉が聞かれるようになってしばらく経ちます。これまで目を背けていられたことが、リモートワークなどの環境の変化により、無視できない状況になったのも一因と思われます。

これまで目を背けてきたのは、話し合いを試みても毎回衝突して堂々巡りといったことが繰り返されてきたのでしょう。そのコミュニケーションを続けても悪化する一方かもしれません。

改善の努力が実を結ばないとき、離婚が現実的な選択肢となります。しかし、離婚は簡単なものではありません。離婚に伴う精神的な苦痛、経済的な苦痛、子どもへの影響、周囲の目など、別れたいけど別れられない葛藤に陥ることが大半です。

本人たちだけで如何ともしがたいとき、専門家の力を借りることも選択肢の一つに入れてはいかがでしょう。カウンセラーは修復も離婚もおすすめしません。堂々巡りを脱して、結論に向かうコミュニケーションを支援します。自力で着地点に到達するコミュニケーションを支援します。

DV・モラルハラスメント

DV・モラルハラスメントはむずかしい問題です。「(カウンセリングで)改善します」と断言するのは困難です。「できるだけのことをやってみましょう」としか言えないのが現状です。

暴力が起きている場合は、夫婦・カップルお二人揃っての(同席での)カウンセリングは行いません。同席の場で起きることが刺激となり、暴力が激化する危険があるからです。暴力が起きている場合はお一人でお越し下さい。どのように取り組んでいくかを一緒に考えさせていただきます。

多くの物事が白黒で割り切れないのと同様に、DV・モラハラにも濃淡があると感じます。本気で変わろうと決断して、実際に変わる方もいらっしゃいます。

セックスレスの悩み

セックスは自分の存在をパートナーに認められている実感でもあります。セックスレスによって、女性として男性として魅力がない、愛される価値がないと、プライドがずたずたに傷つくこともあります。セックスは日本でタブー視されている面があります。話し合いを持ちにくい話題でもあります。

セックスレスになる原因は様々です。男性が原因となり得るのは独りよがりのセックス。女性が受け入れ態勢になってないのに強引に挿入する。女性は痛いだけです。拒否できればいいのですが、毎回拒否するのは申し訳ないという気持ちになって、ガマンして受け入れます。しかし、痛いだけです。

そのようなことが続くと、「セックス=苦痛」と条件づけられることがあります。身体に触れられるだけでビクッとなります。条件反射で理屈ではありません。セックスの話をするだけで泣き出す女性もいらっしゃいます。

小さな不満の積み重ねも原因になります。例えば、きっちり片づけしたい人と、少々散らかっていても気にならない人のカップル。パートナーの服がいつも脱ぎっぱなしで放置されているが、いつも小言を言いたくないので自分で片づける。そんな不満の積み重ねがセックスレスにつながることもあります。

毎日がとても忙しくて、時間ができたら少しでもゆっくりしたい。そんな状態では性欲も起こりにくいでしょう。働く女性に見られることが多いです。

セックスレスに悩んでいる人は、パートナーに拒否され続けています。解決への試みが報われない体験、気持ちが届かない無力感を重ねています。夫婦・カップルの情緒的な絆の回復が必要となります。

結婚前(プリマリタル)カウンセリング

結婚前(プリマリタル)カウンセリングとは、結婚を控えた、または結婚を考えているカップルのカウンセリングです。結婚後の関係や結婚生活をより良くするためのカウンセリングです。

結婚前に何となく感じていたい違和感が、結婚生活が始まると大きくなって、関係悪化の原因となることがあります。ライフステージの変化にうまく対応できず関係が悪化することがあります。妊娠・出産・育児期の関係悪化が最初に思い浮かびます。

予想される問題を事前に理解しておくと、対処力の向上が期待できます。問題が起きても二人で解決できる関係・コミュニケーションの構築も重要です。「こんなはずではなかった」とならないための取り組みです。

特に女性にとっては、仕事と結婚の両立がむずかしい時代のようです。結婚紹介所のような本気の婚活を支援するサービスの会員は、男性より女性の方が多いそうです。実際に結婚紹介所の経営者から聞いた話なので間違いないでしょう。その経営者によると、婚活成功のカギは「自信」とのことでした。

不妊治療は身体的にも精神的にも大きな負担がかかります。夫がそのつらさを理解してサポートすれば、夫婦の絆を深める機会になるでしょう。逆に夫が無関心だったりすると、つらさや痛みは恨み記憶となって長期間、夫婦の関係に悪影響を与えることがあります。

絶対数は少ないですが、LGBTカップルの相談を受けるようになりました。基本的には男女のカップルと同じように接しています。

オンラインカウンセリングを承ります

カウンセリングルーム(大阪府吹田市)だけではなく、オンラインでのカウンセリングも承っております。通信手段は Zoom・Google Meet・Skype の3つです。遠方の方にご利用いただいております。コロナ禍で近隣の方のご利用も増えています。

詳しくはカウンセリングの詳細ページをご覧下さい。

2人で? または 1人で? どちらが良いのか

しばしば相談を受けますが、絶対的な正解はなくケースバイケースです。それで終わっては身も蓋もありませんので、それぞれのメリット・デメリットと思われるものをあげてみます。

夫婦・カップルカウンセリングの例

暴力が起きている場合は、お二人でのカウンセリングは行いません。

2人で受けるメリット・デメリット

夫婦・カップル(2人での)カウンセリングのメリットは、家庭で行われるのとは違ったコミュニケーションが可能になることです。家庭では感情的になりがちな話し合いが、「お互いに落ち着いて話し合うことができました」という感想をいただくことが多いです。

他には、カウンセラーは2人の話を同時に聞けるので、偏りが少ない客観的な視点を得やすいです。より適切な提案やフィードバックを行いやすくなります。また、2人に対して同時に働きかけることができます。

一方、パートナーの反応が気になって、気持ちを素直に表現できないことがあります。暴力や浮気はその傾向が強くなります。尚、暴力が起きているときは、2人でのカウンセリングは行いません。カウンセリングでの会話が、更なる暴力のきっかけになりうるからです。

1人で受けるメリット・デメリット

逆に個人のカウンセリングでは、パートナーを気にせず自由に話せるメリットがあります。一方、語られる内容は、あくまで個人にとっての事実(または認識)であり、パートナーにとっての事実(認識)と異なることがあります。

以下に整理してみました。判断材料にしていただければ幸いです。

メリットデメリット
夫婦・カップル
(2人)
カウンセラーの参加で普段と異なる
コミュニケーションが可能になる。

相手の理解・自分の理解・関係性の
理解が促進されやすい。

双方の立場・考えを同時に聞けるの
で、カウンセラーは客観的な視点を
得やすい。

カウンセラーのパートナーへの関わ
り方を見て、今までと異なる関わり
方を知れる。
2人の意思が違う場合(例:修復と
離婚)、望まない現実に直面させら
れることがある。

パートナーの存在を気にして、率直
な気持ちを話せないことがある。
個人(1人)パートナーの存在や反応を気にせず
自由に話せる。

パートナーに口出しされずにじっく
り話を聞いてもらえる。

パートナーの暴力・モラルハラスメ
ントなど、パートナー不在の場所で
しか話せないことがある。
カウンセラーは2人に起きているコ
ミュニケーションや悪循環を直接観
察できない。

危機を機会に

「コロナ離婚」の言葉を目にするようになりました。この言葉が誤解を生んでいます。コロナが原因で問題が生じたのではありません。問題は元々ありました。コロナ前は潜在化していただけです。コロナ禍で顕在化したからです。

家族のライフステージが変わるタイミングで問題が起きるのも同じと考えられます。元々あった問題が、ライフステージの転換期に顕在化して、目の前に突きつけられたと考えられます。

危機とは、危険の「危」と機会の「機」です。危機を機会(チャンス)に変えるを目指して夫婦・カップルのサポートを行っています。

危機を機会(チャンス)に変えるには、早ければ早いほどチャンスが大きくなります。予防医学には、一次予防、二次予防、三次予防の三段階があります。数字が小さいほど小さく対処は容易です。早めの取り組みをご検討下さい。

<予防医学の3段階>
【一次予防】病気にならない取り組み
【二次予防】早期発見・早期治療
【三次予防】回復・再発予防

タイトルとURLをコピーしました