【新型コロナウイルス感染症】対策について

理念・カウンセラーとして

心理カウンセリングのフルフィルメント山崎です。ご覧いただきありがとうございます。私のプロフィールは自己紹介ページに詳しく書いていますので、ここでは理念や想いのようなことを書いてみたいと思います。

しなやかな心

カウンセリング・心理療法というと、うつ病など精神疾患やメンタル不調の方が受ける治療的なものというイメージをお持ちの方が多いと思います。

誰もが心が折れそうなとき、折れてしまうときもあります。強い心とは、仮に折れても回復する力、復元する力がある心です。鋼の強さよりしなやかさです。しなやかな心を育てる支援もカウンセリングです。

精神疾患・メンタル不調の治療的なカウンセリングも行っていますが、力を入れている、かつ得意とするのは、後者のしなやかな心を育てるカウンセリングです。

しな やか[2]
(形動)文ナリ
①柔軟で、弾力に富んでいるさま。よくしなうさま。「━な指」「━にたわむ」
②動作・態度に角張ったところがなく、なよやかなさま。たおやかで優美なさま。「━な歩み」「━な物腰」
派生━さ(名)

iOSアプリ『大辞林 4.0』三省堂

自信がある人の心はしなやか

ある勉強会にて先輩カウンセラーに、「認知行動療法を勉強するにあたって、入口としておすすめの本を教えて下さい」とお願いしました。『自信をもてないあなたへ―自分でできる認知行動療法』をすすめられました。

読んで思ったのは、「これって、俺のことやん」

人生にもがいて、うつ病になって、変わりたいと思って心理学を学び始めました。(詳細はプロフィールページにて)。自信のなさが影響していることに気づかされました。「自信って、そもそも何?」と深めていくことになりました。

「自信」に関する概念はたくさんあります。心理学では「自尊感情」と表現されることが多いです。最近の流行は「自己肯定感」ですね。他にも、自己効力感、自己有用感、レジリエンス、動機づけ、などなど。広くて深いです。

自信がある人に共通するのはしなやかさです。「もう大丈夫です」「あとは一人でやっていけます」とカウンセリングを終えられる方に見られるのは、強靱さよりしなやかさです。

「自分に自信がない」と悩んでいる方が、「しなやかな心」を育てて、自信の有無にとらわれずに生きていくこと。それを中心においてカウンセリングを続けてきました。

家庭は自信を育てる土台

人の心は他者との相互作用を通じて成長します。言うまでもありませんが、子どもにとって最も身近で重要な他者は親です。親のサポートを通じて子どもの自信を育てるお手伝いをしたいと思ったのが夫婦カウンセリングに力を入れている理由です。

今では夫婦・カップルのカウンセリングは主要な相談内容になっています。おそらく北摂地域(大阪の北部)では最も多くの相談を受けていると思います。

フルフィルメントとは「これだ!」の瞬間

「フルフィルメント(fulfillment)」は一般的には物流用語として知られています。なので「フルフィルメントって、どういう意味ですか?」としばしば聞かれます。

もちろん、物流用語として使っているわけではありません。

「fulfillment」を辞書で引くと以下のように記されています。

【名】
1.実現{じつげん}、成就{じょうじゅ}、達成{たっせい}
2.満足感{まんぞくかん}、充足感{じゅうそくかん}
3.フルフィルメント◆【参考】e-commerce fulfillment◆商品の受注から入金管理に至るまでの一連の作業を行うこと。

英辞朗 on the WEB

辞書より以下の説明のほうが、私の意図がより伝わります。

なぜならお客さんは、自分の being につながるものに出会った瞬間、これが自分の求めていたそれであると分かる機能を備えているからだ。

そのとき彼らはよくこう叫ぶ。

「そうそう、こういうのを探してたんだよね!」

これこそ自分の being につながる何かだーそう感じる瞬間が人にはある。意識的に添う思うというより、ある情動が突き上げてくるのだ。

この情動を「フルフィルメント(fulfillment)」と言う。私流に日本語で言えば「ワクワク」である。

小阪裕司『「買いたいの!」スイッチを押す方法』(角川ONEテーマ21、2009年)

わたし流に言うと、「これだ!」という「気づき」の瞬間です。

人が動機づけられるのは、外側から与えられるものではありません。内側から沸き起こる「気づき」です。「気づき」の積み重ねは「行動」につながります。「行動」の積み重ねは「習慣」になります。「習慣」が人生を作ります。

どこかで聞いたことのある言葉に似ていますね(^^)

私の役割は「気づき」「行動」の積み重ねを支えることにより、クライエントさんが望む状態を手にするお手伝いです。

シンボルマークは笑顔です

ロゴができるまで

シンボルマークは笑顔と耳がモチーフになってます。耳は傾聴の意味を込めています。

長女が小学生の頃に描いた私の似顔絵です。「お父さんの顔、簡単」と言って描いてくれました。当時はメガネを掛けていませんでしたが、今はメガネをかけているのでバージョンアップをお願いしています。

カウンセリングによって世の中の笑顔が少しでも増えれば、私の仕事は成功です。

タイトルとURLをコピーしました