個人情報の保護について

心理カウンセリングのフルフィルメントは、来談者様(以下クライアント)にとって安心・安全な環境で、より効果的なカウンセリング・コーチングが行われるために、以下の内容をご理解いただき、同意を得た上で実施いたします。

秘密保持義務(守秘義務)

カウンセリングの内容等の個人情報は保護されます。クライアントの同意なく第三者(配偶者・パートナー・家族・親族等を含む)に開示されることはありません。ただし、クライアントまたはクライアントに関わる人の身体・生命・財産の危機が迫っていると判断される場合、法令上の必要等がある場合は、適切な人や機関に個人情報を開示することがあります。

  • クライアント本人の危機の例:自殺を実行する危険性が高いとき
  • クライアントに関わる人の危機の例:DVや虐待被害者の安全確保が急がれるとき

ご家族であっても秘密保持義務が優先されます。クライアントの同意を得ていない状態で、ご家族から「うちの妻(夫・子ども等)は何を話していましたか」などのお問い合わせを受けても、お越しになったことも含めて一切お話しません。

【参考】公認心理師法

(秘密保持義務)
第四十一条 公認心理師は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らしてはならない。公認心理師でなくなった後においても、同様とする。

【参考】日本臨床心理士会倫理綱領

第2条 秘密保持
会員は,会員と対象者との関係は,援助を行う職業的専門家と援助を求める来談者という社会的契約に基づくものであることを自覚し,その関係維持のために以下のことについて留意しなければならない。
1 秘密保持
業務上知り得た対象者及び関係者の個人情報及び相談内容については,その内容が自他 に危害を加える恐れがある場合又は法による定めがある場合を除き,守秘義務を第一とすること。
2 情報開示
個人情報及び相談内容は対象者の同意なしで他者に開示してはならないが,開示せざるを得ない場合については,その条件等を事前に対象者と話し合うよう努めなければならない。また,個人情報及び相談内容が不用意に漏洩されることのないよう,記録の管理保管 には最大限の注意を払うこと。
3 テープ等の記録
面接や心理査定場面等をテープやビデオ等に記録する場合は,対象者の了解を得た上で行うこと。

【参考】家族心理士・家族心理士補・家族相談士倫理綱領

<秘密保持>
第3条
家族相談士は、専門職として知り得た秘密の保持には、細心の注意を払わなければならない。その公表に当たっては:(a)家族の生命の危機などが明らかで、緊急の事態にあると判断される時、(b)法律上の要請がある時以外は、必ず家族の同意を得なければならない。

秘密保持義務の例外

守秘義務の例外について、緊急事態である場合は例外である旨を説明しました。それも含めて改めて説明します。

危機が切迫している場合

クライアントもしくはクライアントに関わる方の身体・生命に差し迫った危機がある場合は、秘密保持義務より安全確保を優先します。

  • 自殺を実行する恐れがあるとき。
  • 虐待が疑われるとき。
  • 配偶者の暴力で負傷していると認められるとき。
  • 他者に危害を加える行為が現実的に起こりうると判断されるとき。
  • その他。

スーパービジョンや研究活動

セッションの内容を個人を特定できないように加工(匿名・居住地や職業を伏せる)して、スーパービジョン(カウンセラー・コーチがスーパーバイザー(指導者)に指導を受けること)にて使用することがあります。また事例検討会などの研究活動に使用することがあります。目的はカウンセラー・コーチの資質向上です。より効果的なセッションを提供するためです。

録音と録画

カウンセラー・コーチの資質向上のために、セッションの録音・録画の許可をお願いすることがあります。録音・録画はクライアントの同意を得られた場合のみ行います。無断で行うことはありません。

クライアントが録音・録画を希望される場合は、カウンセラー・コーチの同意を得て行って下さい。録音・録画される際は、カウンセラー・コーチにも録音・録画を許可して下さい。

クライエント自身が開示を許可したとき

家族や夫婦のカウンセリングなどで、あからじめ情報を共有する範囲をクライエントに確認して、許可を得る場合があります。実際には、秘密保持義務や安全確保を理解されている方が多く、ご家族から開示を求められるケースはほとんどありません。

その他

不慮の事故

クライアントが不慮の事故に遭われた場合も、事前に書面による同意がない限りは、ご遺族にカウンセリングの内容を開示することはありません。

記録の保管

管理する個人情報は、最終面接日から5年を過ぎた時点で破棄します。

変化は行動の一歩から

じっとしている間は何も変わりません。動いてみることです。まずは1回お試し下さい。【カウンセリングルーム】または【オンライン】にてカウンセリングを承っております。

カウンセリング 大阪(北摂・吹田)のフルフィルメント
タイトルとURLをコピーしました