HSPブームについて

執筆者:公認心理師・山崎孝

HSPブームには賛否両論ありますが、当カウンセリングルームでは肯定的に捉えています

HSPを通じてカウンセリングを知った人、実際に受ける人が増えているはずです。今でもカウンセリングは一般的ではなく、またカウンセリングに対する誤解も少なからずあります。HSPブームによって、それらが解消に向かっていくことを歓迎しています。

HSPのカウンセリングは以下のページをご覧下さい。

HSPは環境感受性が非常に高い人たちを指すラベル

HSPの研究者によると、HSPは「環境感受性が非常に高い人たち」を指すラベルであり、必ずしも「生きづらさ」を示すものではないとのことです。

HSPとは何か?

 では、学術的にはHSPとは一体何を表す言葉なのでしょうか?すでにおわかりでしょうが、「環境感受性が非常に高い人たち」のことを表すラベルあるいはカテゴリです。したがって、本来、HSPブームでよくみられるような「生きづらさ」を表すためのラベルではありません。

HSPブームの今を問う(飯村周平:東京大学・日本学術振興会PD)|「こころ」のための専門メディア 金子書房

HSPという概念が広まったことの良し悪し

良い点

HSPという概念が広まることで、「自分だけじゃないんだ」と感じる人が増え、孤立感が和らぐことが期待できます。

特に悩んでいる時は孤立しがちです。理解されない経験は孤立感を増幅させるため、HSPというラベルを知ることで「HSPがそうさせているのだから、自分を責める必要はない」と自己受容の手助けになることが期待されます。

HSPという概念が広がることで、これまでカウンセリングにつながらなかった人が、適切なサポートを受けるきっかけになることが期待できます。

悪い点

一方で、HSPという概念が広まることで、「私はHSPだから…」という自己暗示を強く持つようになり、HSPの特徴とされる行動を強化するか、HSPに起因すると思い込む困りごとが増えるリスクが考えられます。

また、他人とのコミュニケーションにおいて、意図や気持ちが伝わらないときに、「どうせ(HSPでない)あなたにはわからないよね」と考えるようになると、それはコミュニケーションの障壁となりかねません。

HSPによる生きづらさのサポート

HSPのカウンセリングについての考え方は、詳しくは以下のページをご覧下さい。ここでは概要のみ紹介します。

カウンセリングでは、クライアントがHSPであるかどうかに焦点を当てません。HSPによる困りごとや苦痛に焦点を当てます。それらの解決を構築することが目的になります。。

カウンセリングの目的は、クライアントがHSPというラベルに囚われることなく、困りごとや苦痛を乗り越えるサポートを行うところにあります。