2024-06

コラム

【ストレスコーピング】ストレスと上手くつきあう方法・心理学の知見から

ストレスコーピングとは、ストレスに対処するために個人が取る行動や思考のことを指します。ストレスの原因を取り除く、ストレスの影響を軽減する、またはストレスに対する反応を変えることを目指します。誰もが意識的または無意識的にやっていることです。ス...
コラム

【アタッチメント(愛着)②】大人のアタッチメント:出会いや経験によって変化し得るもの

この投稿は、前の投稿(【アタッチメント①】くっついて安心感を得るプロセスの積み重ねで育つ自己肯定感・自己効力感・社会性・共感性)の続きです。 幼少期に主に親との関係によって形成されるアタッチメントスタイルは、生涯にわたって対人関係などに影響...
コラム

【アタッチメント(愛着)①】くっついて安心感を得るプロセスの積み重ねで育つ自信・社会性・共感性

アタッチメントとは、不安などのネガティブな感情が生じたとき、特定の誰か(主に養育者)にくっついて(身体的に接触して)、安心感を得ようとすることです。アタッチメント経験の積み重ねによって自他への信頼感が育つなど、子どもの発達に重要な経験です。...
コラム

ストレスと先延ばし

興味深い研究結果が発表されているので紹介します。 東京大学大学院総合文化研究科の開一夫教授と博士課程の柏倉沙耶らによる研究グループは、未来楽観思考を持つ人は深刻な先延ばし癖が少ないことを発見しました。未来楽観思考とは、「今よりも未来のストレ...