適応障害

うつ病かも?と思って精神科・心療内科を受診したところ、適応障害と診断されるケースがしばしばあります。

適応障害とは

はっきり確認できるストレスがあり、そのストレスに対する反応として生じる、情緒(抑うつや不安)や行動(暴力など)の変調が適応障害です。抑うつが中心の抑うつ型、不安が中心の不安型と表現されることがあります。

【免責事項】

  • できる限り正確な情報提供を心かげていますが、正確性を保証するものではありません。ご自身の責任においてご利用下さい。
  • 自己診断・自己判断はお控え下さい。
  • 病気の診断・薬の処方は医療行為です。カウンセラーは医療行為を行えません。精神科・心療内科を受診して下さい。

DSM-5では、「心的外傷およびストレス因関連障害群」というカテゴリーに分類されています。PTSD(心的外傷後ストレス障害)と同じカテゴリーです。PTSDが震災など非日常的な事態によるのに対して、適応障害は生活上のストレスによるものです。ちなみに、うつ病は「抑うつ障害群」のカテゴリーです。

※DSM-5:アメリカ精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル第5版」

DSM-5の適応障害の診断基準を以下に紹介します。

適応障害

  • はっきり確認できるストレス因にさらされてから3ヶ月以内に発症する。
  • 以下のうち1つまたは両方の証拠がある。
    • そのストレス因に不釣り合いな程度や強度の苦痛。
    • 社会的、職業的、他の重要な領域における機能の重大な障害。
  • 他の精神の疾患ではない。
  • 正常の死別反応を示すものではない。
  • ストレス因が解消されると症状は6ヶ月以上持続することはない。

適応障害の症状

適応障害の症状には、抑うつ気分、不安、行動の異常などがあります。

抑うつ気分とは、憂うつな気分、楽しみを感じられない、意欲が起きない、悲しみ、絶望感、自分や周囲に対する否定的な考え、集中力の低下、不眠、食欲の低下、疲労が抜けない、などです。

不安とは、起きてないこと・起きそうにもないこと・起きても大して影響のないこと等などに対して、心配で仕方ない状態になることです。

行動の異常とは、家族や友人などに対する暴力、仕事や学校の無断欠勤などです。

ストレスにさらされてから、遅くとも1ヶ月から3ヶ月の間に発症するのが通常のケースです。また、ストレスが解消されると、6ヶ月程度で症状がおさまるのが通常のケースです。ストレスが長期間持続することで症状が長引き、うつ病に発展することがあります。

適応障害の原因

原因となるストレスは様々です。仕事、夫婦、親子、親族、恋愛、学校、病気など、生活上の様々な場面で生じるストレスです。

 仕事で多く見られるのは、異動などによる人間関係の変化(上司や同僚がストレスに)、異動や昇進などによる仕事内容の変化(仕事の質・量、責任の重さ)などです。

家庭でのストレスは、夫婦関係、嫁姑関係、転居による環境の変化、子どもの進学による人間関係の変化(ママ友)等です。その他にも日常生活上の様々な場面において起こります。

病気になると、今までできていたことができなくなる、もしくは困難になることがあります。焦りや不安が生じて、それがストレスへの反応を敏感にします。このように、他の疾患がきっかけになることもあります。

ストレスに対する反応は人によって異なります。ストレスだけが原因ではなく、その人の認知(考え方・受け止め方・解釈)のクセや、ストレスコーピング(ストレス対処法)の有無にもよります。適応障害の適応は、環境への適応が困難で生じるという意味です。

適応障害の治療

はっきり確認できるストレスが原因なので、ストレスを除去すればいいと誰もが思うでしょう。職場なら人事を伴う環境調整です。しかし環境調整は、言うは易く行うは難しということがしばしばあります。その場合は、ストレスそのものの解決への取り組みや、ストレスコーピング(対処法)の獲得の支援が考えられます。

ストレスそのものが問題なのか、その人の認知(考え方・受け止め方等)にも原因があるのかによっても選択が変わってきます。後者の比重が大きいのであれば、抑うつ気分や不安への対処に薬物療法を行いながら、カウンセリングによって適応的な認知と行動の獲得をサポートする取り組みが行われます。

参考文献

  • 浅井逸郎 監修(2021).「適応障害」って、どんな病気? 正しい理解と治療法.大和出版.
  • 三村 將 他(2021).うつ・適応障害・双極性障害 心の名医7人が教える最高の治し方大全.文響社.
  • 小川俊樹, 倉光修(2017). 臨床心理学特論’17. 放送大学教育振興会.
  • 高橋三郎他 訳(2014). DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引. 医学書院.
変化は行動の一歩から

じっとしている間は何も変わりません。動いてみることです。まずは1回お試し下さい。【カウンセリングルーム】または【オンライン】にてカウンセリングを承っております。

カウンセリング 大阪(北摂・吹田)のフルフィルメント
タイトルとURLをコピーしました