個人情報のお取り扱いについて

守秘義務

カウンセリングの内容等の個人情報は保護されます。来談者様の同意なく第三者(配偶者・パートナー・家族・親族等を含む)に開示されることはありません。

ただし、来談者様または来談者様に関わる人の身体・生命・財産の危機が迫っていると判断される場合、法令上の必要等がある場合は、適切な人や機関に個人情報を開示することがあります。

研究・研修

臨床研究や担当者の資質向上のために、カウンセリングに関わる情報を研究・発表することがあります。その場合、個人が特定されない形に加工して使用します。

録音・録画

セッションの録音・録画行う場合は、事前に来談者様とカウンセラー両者の同意が得られる場合のみとします。録音・録画データの取扱は守秘義務に準じます。来談者様が録音・録画を行う場合、カウンセラーの録音・録画を承諾するものとします。

録音・録画データは、カウンセリングで話された内容の確認、臨床研究、担当者の資質向上のために利用します。

不慮の事故

来談者様が不慮の事故に遭われた場合も、事前に書面による同意がない限りは、ご遺族にカウンセリングの内容を開示することはありません。

記録の保管

管理する個人情報は、最終面接日から5年を過ぎた時点で破棄します。

動くから何かが変わる

じっとしている間は何も変わりません。まずは動いてみることです。一度お試し下さい。具体的な取組をお示しできると思います。継続するか否かは、その後にお考え下さい。

心理カウンセリング 大阪(北摂・吹田市)のフルフィルメント
タイトルとURLをコピーしました