モラルハラスメント・DV

モラルハラスメント・DVが起きている場合、原則として夫婦・カップルお二人でのカウンセリングは行いません。モラルハラスメント・DVが活性化する危険があるからです。

モラルハラスメント

モラルハラスメントとは

パワーハラスメント(パワハラ)とは、上司が部下に対してなど職場内の優位な立場(パワー)を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える(ハラスメント)ことです。

この定義に倣うと、モラルハラスメントとは、モラル(倫理・道徳)を盾に相手に苦痛や恐怖を与える(ハラスメント)こととなります。「みんな」や「常識」などの言葉で相手を追い詰めることと言えます。

  • 「みんながそう言っている」
  • 「常識がない」
  • 「普通こうする」

モラル(倫理・道徳)に反する言動にて、相手に苦痛や恐怖を与えることという意味でも使われています。人格否定や暴言、家族の悪口がこれにあたります。子どもに配偶者の悪口を吹き込むのもこれに相当します。

  • 「人として価値がない」
  • 「バカじゃないの」
  • 「(悪口を言ったあと)母親そっくりやな」

パートナーを過度に束縛するのもモラハラで行われることです。

  • 「俺も(私も)行こうか」と一緒に居ようとする。断ると不機嫌になる。
  • 「どこへ行く?」「何時ごろ帰る?」など事細かに聞いてくる。
  • 門限が厳しい。懇親会などに参加しても早々に帰宅させられる。
  • 懇親会などに参加させてもらえない。

家庭や職場などで起こります。家庭では、夫が加害者で妻が被害者というのがステレオタイプですが、妻が加害者で夫が被害者の逆パターンもしばしば見られます。結婚前カップルのデートDVならぬデートモラハラもあります。

追い詰められた被害者が加害者へ暴力で対抗することがあります。そうして加害者と被害者の立場が逆転する(モラハラ被害者がDV加害者になる)ことがあります。

モラハラ加害者・被害者の特徴

加害者には罪悪感がありません。むしろ、自分は正しいことをしている。被害者を正しい方向へ導いていると思っています。被害者が反論すると、自分の意見が通るまで執拗なまでに議論をふっかけます。被害者は疲弊して、何も言わない方がマシと思うようになります。

加害者の束縛が強くて、被害者は他者との交流が制限されたり、閉ざされたりすることがあります。すると、被害者が客観的な視点を得にくくなります。蓄積した疲弊が正常な思考をむずかしくさせて、自分に非があるのかもと考えるようになります。

加害者は外面が良くて、家庭の外では周囲から好感を得ていることがあります。周囲はモラハラを想像できず、被害者が相談しても理解されにくいことがあります。そうして更に追い詰められます。

モラルハラスメントは改善するのか

加害者の特徴は、自己愛性パーソナリティ障害の特徴に似ています。

パーソナリティ障害とは、「属する文化に期待されることから著しく逸脱したパーソナリティにより、生活に困難を渉司させている障害」のことです。自己愛性パーソナリティ障害とは、「自分は特別な存在である」という誇大な自己認識を持ち、周囲の人々を軽視し、傲慢で尊大な態度を見せて、周囲に賞賛を求めることが特徴です。

自己愛性パーソナリティ障害の診断基準を紹介します。

誇大性(空想または行動における)、賛美されたい欲求、共感の欠如の広範な様式で、成人期早期までに始まり、種々の状況で明らかになる。以下のうち5つ(またはそれ以上)によって示される。

  1. 自分が重要であるという誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待する)。
  2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
  3. 自分が“特別”であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達(または団体)だけが理解しうる、または関係すべきだ、と信じている。
  4. 過剰な賛美を求める。
  5. 特権階級(つまり、特別有利な取り計らい、または自分が期待すれば相手が自動的に従うことを理由もなく期待する)。
  6. 対人関係で相手を不当に利用する(すなわち、自分自身の目的を達成するために他人を利用する)。
  7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気づこうとしない。
  8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
  9. 尊大で傲慢な行動、または態度。

参考文献:『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院)

自己愛性パーソナリティ障害の治療法に確立されたものはなく、治療は困難とされています。モラハラは逃げるしかないと多くの対人援助職が言うのは、このような理由からです。

モラハラにも程度があり、加害者とされる人のすべてが自己愛性パーソナリティ障害と断ずるのは行き過ぎと思われます。

モラハラも暴力の一種

2001年に成立・施行された「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(通称:DV防止法)」には、配偶者による暴力を以下のように定義してます。

第一章 総則

(定義)

第一条 この法律において「配偶者からの暴力」とは、配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものをいう。以下同じ。)又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動(以下この項及び第二十八条の二において「身体に対する暴力等」と総称する。)をいい、配偶者からの身体に対する暴力等を受けた後に、その者が離婚をし、又はその婚姻が取り消された場合にあっては、当該配偶者であった者から引き続き受ける身体に対する暴力等を含むものとする。

(太字は当サイト管理者によるもの)

配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律 | 内閣府男女共同参画局より引用

身体に対する暴力心身に有害な影響を及ぼす言動の2つを「配偶者からの暴力」と定義しています。言葉による暴力の場合、被害者も暴力を受けていると認識するのがむずかしいことがあります。配偶者の言葉や態度がしんどい。継続されている。そのように感じたら、相談機関の利用を検討してみて下さい。

配偶者には離婚後の元配偶者も含まれます。婚姻の届出をしていなくても事実上婚姻関係にある場合も該当します。その関係が解消された場合も含みます。

DV(ドメスティック・バイオレンス)

DVのコンテンツは執筆中です。

公的な相談機関

公的な相談先には「配偶者暴力相談支援センター」「DV相談+」「法テラス」があります。「DV相談+」はメールやチャットでの相談も可能です。

民間機関は一般的なカウンセラーより、DV専門機関がより有効な支援を提供しています。「配偶者暴力相談支援センター」など行政機関に依頼すれば紹介してくれるはずです。エープラスさんのような民間機関があります。

タイトルとURLをコピーしました